広告
♪オランジュショコラ♪  (妊娠・出産編) 体型戻し
FC2ブログ
Top Page > 体型戻し

授乳期に有効なダイエット

先日、「出産から現在までの体重の変化」(詳しくは→こちら

について書きましたが、

今日はそれを踏まえて

個人的に効いたダイエット方法について掘り下げたいと思います。

今回はまず、「授乳期のダイエット法」について。




授乳期は、産前と同じダイエット法が出来ません。

なぜかというと、この時期は

たっぷりの母乳を出すのが大前提だからです。

ちゃんと食べないと赤ちゃんが困ります。


「じゃあどうやって戻せばいいの?」

と思うのですが、これがけっこう簡単。

「シンプルな約束」を守るだけでOKでした。

その約束とは、


「美味しいおっぱいを出すための
食生活をする」



これだけなんです^^。

これを守れば赤ちゃんも良く育つし、一石二鳥で体重も減るという

まさに夢のコラボレーション(笑)。


授乳中は

乳腺炎(乳腺に炎症が出来て、突如高熱に見舞われおっぱいも激痛に)とか

母乳不足など、色々なトラブルに見舞われがちですが

回避するコツは食生活にあると言われています。

たとえば良くない例(↓)。

fot0020-054.jpg

ケーキやチョコのお菓子類、

fd401569.jpgfd401555.jpg

揚げ物にカレー
など・・・


こういうのは食べない方がいいみたい。

(母乳にいい食べ物、悪い食べ物のリストは→こちら

美味しいものは脂肪分が多いので、

味がまずく、消化も悪い母乳を作ります。

それを飲んだベビにも負担が!!

(顔に赤いポツポツが出来たりするのが、目に見える変化。)

運が悪いと、

シュークリーム食べて一発で乳腺炎になった人もいるらしいので

ママからみても、これらを食べるのはリスキーです。


私はこれが怖かったので、

けっこう食生活については気をつけていました。

食べる量は「3食プラスつまみ食い」と、かなり多かったはずですが、

食事の内容は質素という感じ(笑)。




たとえば3食の例を書くとこんな感じ。


<夕食の例>

nattougohannnomisegazou2.jpg

・納豆ご飯(納豆2パックにご飯は2杯おかわり)
fd401500.jpg

・お豆腐とトマトやキュウリ、かにかまのサラダ(ごまドレがけ)

・プラス、主人用に作ったおかずを20%ほど分けてもらい、食す。


・・・という感じで3品目は必ず食べてました。

とくにご飯(お米)は母乳の量を増やすのにいい食材なので

たくさんおかわりしてました。


<ランチの例>





納豆と刻みのりをあえて、あたたかいおつゆで食べるおそば。

足りなければお豆腐などをいただいたり、もう1玉ゆでたり。

お世話もあるのでなるべく簡単なモノで!

おそばも母乳にいい食材だそうですよ。


<朝食の例>





お菓子禁止と言えど、たまには食べないと発狂しちゃうので

(とくにおっぱいあげた後は甘いのが欲しくなる)

朝はシュガー入りのコーンフレーク

ミルクをたっぷりかけていただきます。

一瞬で食事が終わるので、ベビも待たせません(笑)。


これプラスつまみ食いをしても、母乳となって出て行く方が大きいのか

私の体重は産後3ヶ月まで減り続け、

産前の体重に戻った位でした。(あとでまた増えますが・・・詳しくは→こちら

なので、「授乳期は食べ物を選ぶだけで痩せる」と実感しました。




ここからは、授乳期のお役立ちフードのご紹介。


間食を食べる時には

母乳に良い「おせんべい」を選んでみたり。

コンビニのチーズあられとか、お買い得だし美味しくてグッド(笑)。





あと、「クリーム玄米ブラン」とか

栄養を考えてあるようなお菓子もお勧めです。

色んな味試しましたが、メープル味美味しかったですよ!

コンビニやドラッグストアだと160円位して高いので

私はネットで120円位でまとめ買いしてました(笑)。







プラス、甘い飲み物でほっと一息したい時には

「甘酒」を飲みます!

これも母乳の出にすっごく効く最高のホットドリンク

体をあたためる事も、母乳を出すのに効果的だし

ママの気持ちもほっこりしてオススメ。

フリーズドライのがラクに作れて便利。






オーガニックルイボスティー 50個パック+オマケ10個 1,000円



ふつうに飲むお茶は、カフェインを避けたい関係で

ルイボスティーを飲んでました。これも母乳にいいお茶です。

けっこう割高なものが多くて困ってましたが

上のお店(↑)だとたっぷり買えて重宝しています。



最後に、授乳時は水分がどんどん出て行く関係で

便秘になりがち!!

IMG_7250aojiru.jpg

それを助けてくれたのが「青汁」です。

私はもともと便秘がちな人だったのですが

飲むのを習慣にしてからは、全然悩まなくなりました。

ほぼ毎日お通じがある状態です。

食物繊維がよく入ってるから効くらしい。



はちみつ入りの青汁は特に大好きです^^♪

30本のスティックで3,800円だったかな。

ビタミンも取れるからママの美容にいいですしね。

さらに、お野菜は母乳の味もますます美味しくするんです^^。


ウチのベビはなんと、

水さえ受け付けない位、母乳オンリーの子でした。

今1歳半ですが、風邪引いた事が無い位です。

安定供給するのは大変だったけど(笑)、

それだけ美味しいと感じてくれてたのかな?

そうだったなら努力した甲斐があったなと思ってます。




そんなこんなで、

大好きなチョコレート、ケーキ、ミルクティー、

カレー、キムチ、揚げ物などを封印
しながら

なんとか授乳期を乗り越えました。

これだけでもちゃんと結果は出ますので

ムリにダイエットするより、母乳の質を考えた方がラクだと思います。


でも一応、

過度の暴食のしすぎにはご注意を・・・(笑)。

私は胃拡張ぎみになったのか、

産後4ヶ月からちょっと体重が増えましたので(笑)。


最後にもう一度、母乳にいい食べ物、悪い食べ物のリストを

貼り付けておきますね~。

ご参考になればと思います。(→こちら

産後の体重の変化

今日は、赤ちゃんを産んでから1年半になる私の

産後の体重の推移について

書いてみようと思います。

graphmatanityfat3_convert_20111114211306.jpg


まず、臨月までに増やした体重は

プラス6.5キロ

体重管理の厳しい産院だったこともあり

お正月もろくに美味しいものを食べない生活をしていたら

最後までドーンと太る事はなく無事出産を迎えました。


その後、1週間の入院生活をして

退院日に体重計に乗ると、赤ちゃんや胎盤の分が無いのもあり、

4キロ落ちていました。


産前まではあと2.5キロという所。

コレを見て一瞬

「それ位ならすぐ落ちるかも・・・??」

と淡い期待をしてしまった私がバカでした(笑)!!

これから増えたり減ったりの堂々巡りが始まるとは・・・。





退院後はまず、

体重よりも、体型を戻すことに集中しました。

骨盤ベルトで骨盤を矯正したり、(→こちらこちらの日記で)

ウェストニッパーで引き締めたり・・・。(→こちらの日記で)

3ヶ月位たったら、リフォームガードルも使いました。(→こちらの日記で)


 「この時期に体のコンディションを

 出来るだけ産前に近づけておかないと、

 戻るものも、戻らなくなる。」



 「体の矯正は、6ヶ月までが勝負!」


など、色々コワイ情報を仕入れていたからです。

実際、自治体のマタニティセミナーでも

「まず体重より体型のケアをしろ!」

と助産婦さんが言っていましたので、本当なのだと思います。


そんなわけで、

産後3ヶ月は
ダイエットとはほぼ無縁な生活
をしました。


完全母乳だったせいか、

おっぱいをあげると途端にお腹が空いてしまい

間食もよくましたし、3食ばっちり食べて

プラス早朝にもなにか食べてました(笑)。


おっぱいとなって出て行くエネルギーが大きいのと

新生児のお世話が大変なのとで

私が色々と食べているにも関わらず

産後3ヶ月まではずっと痩せていきました。


なんとこの時点で、
いったん産前の体重まで戻った位です!



(美味しいおっぱいを出すために、お菓子を禁止してたのも関係あるかも)




しかし、

だんだんと私の胃も拡張していったのか(笑)

よく食べているうちにちょっとずつ体重が増加・・・。


産後4ヶ月で
体重が「産前よりプラス1キロ」に。



そしてさらに、

産後5ヶ月からはベビの離乳食が始まりました。

離乳食を食べる = おっぱいを飲む量が減る、という事なので

今までどおりに食べていた私は

案の定、体重が増えていき・・・


いつもの自分ならこの辺で「ヤバい!」と思って

節制とか出来るのでしょうけども

あまりに育児で忙しいので、ストレスもあったのか

自分の食べる量をあまりコントロールできませんでした。


そんなこんなで


産後1年で
「産前よりプラス2キロ」に。



退院した時が「産前よりプラス2.5キロ」だったのですから

コレはちょっとまずい状態・・・。




そして1歳でベビが卒乳。

ここからは、おっぱいでカロリーを吸い取ってもらえないので(笑)

「本気で節制しよう!」と一念発起しました。

今までは3食きっちり食べていたのですが

量を減らして、夜はがっつり食べないようにしました。

母乳の質を考えなくていいので

念願のお菓子を少し口にするように
なりましたが、

1日に食べる量を決めたりして

地道に節制していくと、

産後1年3ヶ月で
「産前よりプラス1.5キロ」
という所まで修正。


いいかんじにコントロール出来てきたので

少し自信のついた私は、

「ここからは、普通のダイエットと同じだし楽勝!」

と気を緩めてしまいました。

これが「やればいつでも痩せられる」という油断につながってしまい・・・




さてさて、ここからが悲劇の始まりです!!


産後1年4ヶ月で
「産前よりプラス3.8キロ」
という所まで激太り!!


つまり1ヶ月で2.5キロも太ったんです・・・(泣)。

たしかにこの辺りを振り返ると

土日の度にファーストフードに行ったり

宅配ピザを注文して、Mサイズをひとりでペロリとやったり

やりたい放題してました(笑)。

お菓子も1週間で何種類も袋開けたりとか・・・


そりゃ太るはずだ・・・。


本気でまずいと思ったので、ここからは執念で節制。

産後1年5ヶ月で
「産前よりプラス1.2キロ」
まで修正。

1ヶ月で2.6キロ落としました!!

(この辺のダイエット方法は、また後日紹介しますね)


dietclubglaph.jpg


今現在、産後1年半ですが

まだ節制は無理のない程度に続けています。

(上は、産んでから今までの体重グラフです。)


その結果、

「産前よりプラス1キロ」のあたりを

微妙に増えたり減ったりしながらウロウロしている状態です。


いやあ、赤ちゃんを産むと本当にダイエット大変ですね~。

ストレスですっごく食べたくなっちゃうから

ママになる前よりも誘惑が多いんですよね。


最後の1キロを落とすのに壁があるみたいで

なかなか落ちませんが

とりあえず、気長にやってます。


確実に言える事は、

注意すべきなのは2つのタイミングです。

「産後5ヶ月の離乳食の始まる時期」

「ベビの卒乳の時期」の2つ。

おっぱいを吸われなくなると同時に

自分の食べる量も調整していかないと、太る方に傾いていきます。

何かの参考になればと思います^^


今後はこの実体験を踏まえて、

・「授乳期に有効なダイエット」

・「卒乳後に有効なダイエット」


について書いてみようと思います。

バストアップの為に出来ること

先日、「胸が垂れた!しぼんだ!」発言をして

(詳しくは→こちら

産後、胸の形は変わるという事を

身をもって立証してしまいましたが(笑)、


「もっと日常生活に気をつけていれば

胸のダメージも防げたのではなかったか・・・?」



と、今は少し後悔してます。


という事で今日は、

「あの時、
コレをやっておけば良かった~!!」



と思ったバストアップのコツについて

紹介したいと思います。





1.マタニティブラに変更する時期


私は、つわりが妊娠3ヶ月頃からひどくなってきて

4ヶ月位の時にはすでに


「締め付けが苦しい・・・。

ワイヤーの無いブラでラクしようかな・・・。」



と、マタニティブラに乗り換えました。


しかし、前回の日記で書いたとおり

私の買ったマタニティブラに、バスト補整能力は皆無!!

ワイヤーがないと重力に逆らえず

胸の垂れる要素、てんこ盛り状態のまま


残りの妊娠生活 6ヶ月 
出産後の授乳生活 12ヶ月



なんと計 1年6ヶ月もの間

お乳をブラブラさせて過ごしてしまったワケです(笑)。

そりゃ、胸に悪いに決まってますよね(汗)。


ここで注目の事実をひとつ。

私が妊娠中好んで読んでいた、(詳しくは→こちら

妊婦のモデルさんの本がありまして。

(ヨガの先生もしてて、オススメポーズとかも載せてる)





「安産力がアップするマタニティヨガ」  980円


これの中で、本人が

「妊娠発覚から産むまで」

年表っぽい形で書き綴っている箇所があるのですが


本人が普通のブラをやめて

マタニティ用下着をそろえた時期はナント・・・



「妊娠9ヶ月」だったんです!

それって臨月の一歩手前なんですけど(笑)。


妊娠していた時は、それを読んで

「へえ~、けっこう遅いんだな・・・」なんて思ってましたが

今思うと

確かに、それ位からでも充分かも。

目に見えて体型が変わってくるまでは

別に普通の下着も着けられるんですよね。

(ただし個人差もあるのでムリはしない方がいいかもです)



あまり早くからノンワイヤーだと

やはり下垂の原因になりそうな気がします。


マタニティブラへの切り替えを

少し遅らせてみたり


体調の悪い日だけマタニティにするとか)

そういう気配りが美乳をキープするようなので

ご参考になればと思います。






2.機能の良いマタニティブラを選ぶ


私は、自分をとことん甘やかしてしまうタイプなので(笑)


「今は体を労わりたいし、
 ラクなブラでOK!」



と、ノンワイヤーのクロスオープンブラをつけていました。

それに、ノンワイヤーは価格もお手頃だったし


「何から何まで、
 お金かけてられない!」



とケチってしまった部分もありました。


でも、バストアップを本気で考えれば

ちゃんと下垂防止の機能がついているマタニティブラを

洗い替えも含めて、複数準備して

毎日着け続けておけば良かったな・・・

と思います。


先日の日記でもちょっと出しましたが

下垂防止ブラにも色々あります。


icon
icon
普通のブラに近い造りの、しっかりワイヤータイプもあれば

チェック柄ウインドウオープンハーフトップ 1,290円
icon



icon
icon


クロスオープンブラに近い、柔らかワイヤータイプもあります。

L字型ワイヤークロスオープンブラジャー2色セット 2,790円
icon



icon
icon


補正下着として使う、タイトでハードな使用感の物もあります。

有名なのはワコール

シェイプマミーブラ(ロング) 9,240円~9,765円
icon


どれにするかは、結局好みなのですが


締め付けがキライな人

授乳をラクにしたい人には


icon
icon

やはりクロスオープンタイプのものが良いと思います。


効き目を重視する人は、


icon
icon

なによりもまず補整力の高いものにすべきだと思います。


1年以上コレらのお世話になる訳なので

毎日下垂と闘うのか、何もせず放置するのかで

胸の形に差が産まれて当然ですよね・・・

今頃気づいても私は遅いんですけど(泣)。






3.バストアップのエクササイズ


私のような、「もう遅い」タイプの人間にも

何か最後の希望はないものか(笑)??

というワケで、

私の知っているバストアップの運動を出来る限り紹介。


出所はテレビで見たものだったり、本で見たものだったり。


・腕の運動


 顔の前で合掌をして、そのまま両ひじまでピッタリと合わせる

 (胸の前で、大きな1の字を作る感じ。)

 このまま、合わせた所全体を、上↑に引き上げる。

 引き上げを何回か繰り返すと、上腕も鍛えられるし

 胸が垂れないようひっぱっている筋肉も、

 しっかりと動いているのが分かります。


 慣れないうちは腕がキツイですが

 ベビーを抱っこするようになると、自然とラクになってくる(笑)。
  
 子育ては自然に力もつくんですね~。


・顔の運動。


 まず口を左右にひらいて、「イーッ!」の形にする。

 「イーッ」の状態のまま、

 口の両端を引き下げてキープ

 (苦々しい表情をつくる感じ)

 そうすると、首の皮膚全体がピーンと張って

 胸の上の筋肉が上に引き上げられているのが分かる

 これもバストアップに効果的らしいです。

 何セットか繰り返す感じ。


どちらも、気づいた時にちょこっと出来る

簡単さが気に入っています。

足のむくみ対策ほど真剣には出来ていませんが

これらも出来る範囲で頑張ってます。


足のセルライトの時も、今回のバストアップの時も

「運動は、やっぱり大事」

というのを思い知らされました・・・。

運動嫌いな私なのでこれは大変な事なのですが

辛くならない程度に続けていこうと思います。


バストは産後本当に垂れる?

足については、スカートを履いた時など、

「あっ!太くなってる!!」

などなど、産後の変化の気づき易いパーツですよね。

だからこそ、先日(詳しくは→こちら) のように

日々、努力しているわけなんですが・・・


実は。


足とは逆に、「見て見ぬふり」をしているパーツが

あるんです(汗)。

それは・・・



ズバリ胸(笑)!!

本気で垂れました!!しぼみました!!



この激変ぶりはちょっと予想外!

ヘコむを通り越して、あっけにとられている感じ(笑)。

でもバストって、ある程度は服で隠せる上に、

ブラで補強もできちゃう(笑)
ので


バストの形が変わった事について

特に策を講じずに、ここまで来ちゃいました。

でもやっぱり、お風呂あがりに鏡で見て


毎日ガッカリするんですよね・・・(笑)。


今日は、産後に胸がどのように変化したかについて

書こうと思います。






まず、妊娠中の変化

常に生理前のように張って、多少胸が大きくなった状態が続きます。

でも柔らかさ等は、妊娠前と変わらず。

「母乳が良く出るように・・・」と思って

お風呂で乳頭マッサージとか頑張ってたのを思い出します。


私の場合、

つわりがひどくなった4ヶ月頃から

少しでもラクな付け心地のブラにしようと思って


icon
icon


クロスオープンの、ワイヤーの無いブラを買いました。

毎度ごひいきブランド、犬印本舗の

クロスオープンハーフトップ 1,890円
icon


私はそれまで、


「夜寝る時でもブラジャーは外さない
ワイヤー入りでも全然気にしない」


というタイプだったので

このクロスオープンブラの付け心地は

それはそれは心もとなく・・・(汗)。


おっぱいの重みを支えるものが無いから

宙ぶらりん
という感じで、


「イメージしただけで、
おっぱいが垂れてきそう!!」


と、慣れるまで恐かったのを覚えてます。

(実際、やっぱり垂れたんですけどね・・・爆)


でも、こういうブラをして

「乳房がある程度揺れるようにしておくと

おっぱいの出が良くなる」
とも聞いたので

ワイヤー無しに慣れるよう頑張りました。




次に産後、授乳中の変化。

おっぱいをあげ出すと同時に、

胸のサイズはさらにどんどん大きく
なっていきました。



一番大きくなったのは、

ベビーの飲む量が一番多くなる生後4ヶ月の時。

(5ヶ月以降は離乳食が始まるから、減っていく)


両胸がグレープフルーツみたいな大きさになって、

触っても、相当硬かったです。

乳腺が発達していたんでしょうね。

母乳が常に溜まっているので重量も相当なものです。

この時期は


「おっぱい、
すごい重力にひっぱられてるんですけど!!」



としょっちゅう感じていました。

それと共に


「コレ・・・ほったらかしだと、
垂れないかな??」



一抹の不安がよぎるようになったのもこの頃。


でも、ベビーにおっぱいをあげっぱなしになるこの時期に

授乳の面倒なブラを付ける余裕もなく

そのままクロスオープンのラクなブラを使い続けた私。

(授乳には、クロスオープン型がバツグンに便利なんです)

今思えば

ここで大きく道を間違えています(笑)!!


icon
icon

↑このブラのように、L字型ワイヤークロスオープンブラジャー 1,990円
icon

ちゃんとワイヤーがあって下垂を防ぐタイプの中にも

クロスオープンできるものは存在する
んです。

それを買いに行かなかった私が悪いのですが・・・。


だって忙しくてそんな暇無かったもん・・・(泣)

予算が無かったんだもん・・・(泣)


と、色々言い分はあるのですが

もう負け犬の遠吠えにしかならず(笑)。




で、最後にベビー卒乳後の変化。

(うちの子の卒乳は、ちょうど1歳になった位でした。)


ここで、

初めて分かる自分の垂れ具合(笑)!!

正直、かなりビックリしました。

よくおばあちゃんのおっぱいとかVの字で描かれてるけど(←伝わるかな)

なんかそういう絵を彷彿とさせる位、

変わった・・・!!!


触っても、以前よりハリが無くなりました。

乳腺や母乳のあったところがすっからかんになった分

しょんぼりしてしまった感じ。

中になにも詰まってないような感触がします。

そして、やはり

おっぱいを引き上げている筋肉が

伸びてしまったような感じで

位置が下に下がりました。


先程書いたようにブラで見た目はそれなりに直せるので

(今は妊娠前のブラを使っています。)

人と会う時に気になるほどではないのですが


裸の自分を見た時の
テンションの落ち具合は隠し切れず(汗)。



今は、唯一知っているバストアップの運動

(胸の前で合掌するアレです)

たまーにやってみたり、やってみなかったりという感じです。


ちゃんと真面目に

下垂防止の授乳ブラを用意しておくべきだったかもしれません。

しぼみは防げなかったとしても

下へ下がってしまうことは、それで食い止めれたかもしれないのに~。

これはかなりの失敗談です。

これから出産という皆様、授乳中という皆様

もしいらっしゃいましたら、ブラ選びにお気をつけくださいね。


また後日

「あの時こうしておけば良かった!」と思った

バストアップ対策について

ちゃんと書こうと思います。

私なりのセルライト対策

衝撃のセルライト発覚 (詳しくは→こちら

から、1ヶ月間


私なりに対策をとってみた所、

履けなくなっていたブーツが履けるようになりました!!

本当によかった・・・。

エステとかで高いお金出さないと、もう戻らないのかと思った・・・(泣)。


今回は、「1ヶ月間何をやったのか」について

書きたいと思います。




まずは、お馴染みのネット検索(笑)で

何をすればいいのかお勉強。


かいつまんで書くと、

(↓メカニズム興味ない方、飛ばしちゃって下さいね・汗)


セルライトというのは、

むくみで水分と老廃物がたまったスペースに

後からめざとく脂肪が入ってきて、

それが周りの神経や血管を巻き込み、塊になったもの。

見た目はボコボコと岩のように見えます。


やっかいなのは、

普通の脂肪は1ヶ月の食事制限でも簡単に落ちるけど

1度セルライトになってしまうと

マッサージやストレッチで元に戻してからでないと

落とすことができない
という点。




つまり、

むくみを放っておくと、

一時的に水分で太ってただけのはずの足が

本当のお肉のついた状態に変化し、

しかもそれはとっても痩せにくいお肉
だという事らしい(笑)。


・・・セルライト恐るべし。





<マッサージ療法>

で、解決法も調べまくった結果


・毎日セルライトを触ること


これが良いらしいんです。

でも、強い力で揉みだしたりしなくてもよくて

(自己流でやりすぎると中の血管などを傷つけるそうです)

リンパ液を流すだけの目的なので

撫でる位でOK!!

素手でさするとけっこう疲れちゃうんですが

オイルとか使ってお風呂上りにさすると

けっこうサクサクやれます。





オイルは滑りが良くなれば何でもいいと思うのですが

セルライトに特化したモノが

あの「ヴェレダ」から出てました!!

ヴェレダ WELEDA ホワイトバーチ ボディシェイプオイル 200mL 3,520円

妊娠線用のオイルでもお世話になったので親近感です♪


あとは、リンパの流れを考えて、順番を守る。


1.体の中央から→末端へ

  で始めて

2.末端から→体の中央へ

  戻ってきて終わる



というのが基本だそうです。


足の場合は、

1.太ももの付け根(コマネチのライン)

 をさすったり、トントンとチョップして刺激して始めます。

 ここは、大きなリンパ腺があり、足への入口なのでちゃんと開けると良い。


2.その後、太ももを撫でます。

 (両手で挟むようにして上下にさすってあげる。

 余裕のある方は

 さらに指先でお肉をチョンチョン!とつまんであげてもOK)


3.ひざまで来たら、

 ヒザ小僧の裏の柔らかいところを親指でぐっと押してあげます。

 (ここもリンパの集まる節目なので刺激!)

 自分でもけっこう気持ちいいので続けやすいです。


4.で、ふくらはぎ&スネを撫でます。

 これも、両手でサンドイッチして上下にさすってあげます。


5.最後に足首

 私の場合、ここが一番むくんで

 セルライトの浮き輪を付けているみたいでした。

 なのでここは重点的に!!


 足首を両手でつかんで

 ぞうきんを絞るように前後に回し
ます。

 (コレも力はそんなに要りません)

 浮き出るボコボコが憎たらしいですが、がんばってやります(笑)。


ここまでやれば、後はもう早いです。

反対に体の中央に戻すだけなので、

ササッと手抜き気味で、

ふくらはぎ→ヒザの裏→ふともも→付け根

に撫でて、おしまいです。

私は面倒くさがりなので、戻りはガッツリやりませんでした。





<ながらストレッチ療法>


あと、「これ以上むくみを作らない努力」も大事みたい。

そのための軽いエクササイズも平行してやりました。


でも筋トレ大嫌い!な私なので

やったのはシンプルに2つだけ。



1.夜の歯磨きタイムに、
  つま先立ちでいること。




ふくらはぎの筋肉の少ない人は、

血液を送るポンプ機能が弱いので、むくみやすいそうです。

なので「ポンプ鍛えよう!」と思って実践。

5分間位、疲れたらかかとをつけて、またつま先立ち。

これを繰り返しながら歯を磨きました。


あとは、


2.お風呂で暖まった時、
  足の裏側を伸ばすこと。



コサックダンスのように、

一方で軽くかがみ、もう一方の足を前に投げ出すポーズをします。

(本当のコサック並みにしゃがまなくてもOKです・笑)

そのポーズで、5秒ほど静止。

投げ出した足の裏側をよく伸ばす感じで。

コレを両足やりました。





後は、少しだけ生活の中で工夫・・・という感じで


・足を冷やさないよう、暑くても長ズボン

・体が冷えないよう、冷たいものはなるべく飲まない

・寝る時ちょっとだけ足を高くする

・こまめに、足首をぐるぐる回す



等などのちょこワザも導入しました。

でも、ここまで厳しくやるとバテちゃうので

これらは「気づいたらやる・・・」位のレベルです(汗)。




最初のうちは、

マッサージの時触った箇所によってはけっこう足が痛くて

そういう所は必ずボコボコ見えるという感じ。


でも2週間くらい経った頃から

目に見えてボコボコが減ってきました。

痛さも半減→無痛になっていきました。


とくにスネは、

ボコボコが無くなるの早かったです。

多分進行度がそんなにひどくなかったのかな??

一方、

足首は、未だに格闘中。かなり良くなりましたが、

まだまだ産前レベルには届きません


もう1ヶ月以上経ってますが

マッサージとエクササイズは続いてます。

簡単だから嫌にならないという感じ。


マッサージの方は、

赤ちゃんの寝かしつけの時に赤ちゃんの隣で。

つま先立ちも、コサックポーズも

必ず毎日するもの(歯磨きとお風呂)とのセットなので

忘れにくく、簡単でオススメです。


いやあ、ブーツが履けた時は感動でした!!

「自力で治せた~(号泣)!!」みたいな(笑)。

エステ代はとても捻出できない私なので、

本当にホッとしました。


気になるアイテム

sidetitleプロフィールsidetitle

mandarin

Author:mandarin
オランジュショコラが
大好きな妊婦です。

sidetitleお知らせsidetitle
tanjyou.jpg

2010年4月吉日
午前0時09分に
2564グラムの長男を
無事出産致しました!!

出産レポは→「こちら」から

入院レポは→「こちら」から

DSC_0084.jpg

2013年10月吉日
午後5時43分に
2856グラムの次男を
無事出産致しました!!

出産レポは→「こちら」から

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
sidetitleマタニティ体重sidetitle
sidetitle赤ちゃんの成長sidetitle





にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村
sidetitle産後ダイエットsidetitle
sidetitleマタニティ体重2人目sidetitle
sidetitleスポンサードリンクsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleリンク2sidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
結婚・家庭生活
486位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
妊娠・妊婦
91位
アクセスランキングを見る>>


 [日本ブログ村ランキング]
 ♪オランジュショコラ♪

sidetitleカウンターsidetitle
閲覧者数


現在の閲覧


sidetitle人気記事ランキングsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitle全記事表示リンクsidetitle

全ての記事を表示する

sidetitle登録ボタンsidetitle
♪オランジュショコラ♪
sidetitleスポンサードリンクsidetitle